悲しみのお席にも利用できるお花

胡蝶蘭はお祝いのお席によく贈り物として利用されることが多いのですが、お悔やみのお席でも利用されます。通常、お祝いに利用するお花は悲しみの席に利用されることはありません。例えば菊の花、これは葬儀などの際に利用されることが多く、結婚式などのおめでたいお席で利用されることがありません。

逆にひまわりやガーベラなどの明るいカラーのお花は、故人が好きだったという事で利用されることはあっても、供花賭して利用されることはなく、ウエディングの際のブーケや会場の飾りつけなどの際、利用されることが多いお花です

しかし胡蝶蘭は喜びのお席にも悲しみのお席にも利用されます。美しく凛とした花、胡蝶蘭はそのたたずまいが悲しみにくれるご遺族の心に沿う花として選ばれることが多く、華美過ぎない洗練された美しさが悲しみのお席にも利用されるのでしょう。

お悔やみのお席に利用する際には白の胡蝶蘭、悲しみの葬儀からしばらく時を経て、四十九日の法要が過ぎてから元気を出してくださいと心を寄せる薄ピンク色などやさしい色合いの胡蝶蘭を贈られる方もいらっしゃいます。

心配り、心を寄せるという事において、胡蝶蘭は静かなたたずまいの中に凛とした美しさがぴったりだと感じます。