胡蝶蘭という素晴らしいお花

新しくお店を開店する時、また舞台の初日などお祝いごとによく利用されるお花として胡蝶蘭が贈られます。美しく非常に存在感のあるお花で高級感漂うお花です。ある程度のお値段だという事を、多くの方がわかっているので、頂いた方としてもこんなに高価なお花を・・・と贈ってくれた方の心配りに感謝しますし、贈る方としてもお祝いごとに相応しお花として堂々と贈る事が出来ます。

胡蝶蘭がなぜお祝いの席で利用されることが多いのかというと、その理由はたくさんありますが、まず、胡蝶蘭の花言葉にあると考えられます。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」というものです。これから新規にお店を出す方、新しく企業を立ち上げ事務所開きをされる方、合併等で企業が共に歩むスタートラインに立った時、「幸福が飛んでくる、やってくるお花」は最も贈り物として相応しいと考えられています。

またお花の見た目としても豪華です。緩やかな曲線が美しい茎、お花が蝶のように開きまるで蝶が舞っているかのように複数の花が開いている様子は、非常に高貴な美しさを放っています。お花の本数が多いタイプなら胡蝶蘭というお花だけなのに、花束のように豪華なイメージがあります。

胡蝶蘭は長持ちするお花という事も、喜びの時に贈られるお花として選ばれているのでしょう。花束など切り花を贈り物とするのも素敵ですが、切り花はどうしても長く持ちません。しかし胡蝶蘭はその環境にもよりますが、一般的に1ヶ月以上、花を楽しむことができるのです。

胡蝶蘭が様々な場面で贈り物として利用されるのは、胡蝶蘭というお花が役割を持っているからでしょう。当サイトは胡蝶蘭というお花独特の役割を皆様にお知らせします。当サイトが胡蝶蘭の魅力をより多くの方々に知らせるサイトとなれば幸いです。