胡蝶蘭の大きさによって役割を考える

胡蝶蘭を贈り物とする時、どの位のサイズの胡蝶蘭を贈ればいいのか?と迷う時があります。お店の開店などの際に贈る場合、他の方もお祝いをお届けするという事も配慮し、あまり大きな胡蝶蘭では設置スペースに困ってしまうかもしれません。かといって目上の方の何かの記念となるパーティに、小ぶりな物を贈るのもどうかと感じます。
胡蝶蘭の花

胡蝶蘭は大輪から中大輪、ミディ、ミニという種類があります。大輪はお花の直径が10cmから15cm位あるものなので、非常に豪華というイメージがあります。存在感たっぷりのお花は開店祝いや事務所を開くとき、またパーティなどの際の贈り物にピッタリです。

中大輪は大輪より一回り小さい胡蝶蘭となりますが、その存在感はそのほかのお花と比較して全く違うものです。心からお祝いするという気持ちを届けてくれるお花です。クリニックの開店祝い、個人のお祝いのお席でも人気があります。

ミディ、ミニは設置する場所に拘らないコンパクトな作りの胡蝶蘭です。お値段もお手頃でミディはお誕生日の贈り物などにピッタリですし、小ぶりなお花をたくさんつけるので華やかさがあり、小規模店舗のお祝いに利用してもいいでしょう。ミニは小さくてかわいい胡蝶蘭なので、ご自宅で観賞用として利用される際にも邪魔になりません。胡蝶蘭を専門に扱っている店舗に購入前に相談する方法もあります。お祝い内容を伝えてピッタリの胡蝶蘭を贈ってあげると良いでしょう。

推奨リンク『胡蝶蘭専門店 オーキッドスタイル【最短当日お届け】